知って欲しい、慢性腎臓病(CKD)の原因・症状・予防方法

よくわかる慢性腎臓病(CKD)ガイド 予防・早期発見・合併症防止のためにできること
よくわかる慢性腎臓病(CKD)ガイド » 慢性腎臓病との付き合い方~病院で行う治療内容~ » 薬物療法

薬物療法

慢性腎臓病の治療において使用される薬とはどんなものでしょうか?ここでは、薬の種類や効果についてまとめました。

慢性腎臓病治療で用いられる薬品

降圧薬

慢性腎臓病の投薬の中で最も重要な薬です。高血圧は腎臓病の進行に関して大きな危険因子でることから、血圧のコントロールは欠かせません。特に、腎臓の機能を保護するアンジオテンシン受容体拮抗薬とアンジオテンシン変換酵素阻害薬の効果は優れています。

利尿薬

浮腫がある場合や、塩分制限がうまく守れない時に必要となる薬です。しかし、不用意に利尿薬を服用するとかえって腎臓に負担がかかることがあります。

クレメジン

腸の中で尿毒症の原因となる毒素を吸着する経口吸着炭薬です。この薬は顆粒とカプセルの2剤型があり、カプセルの場合は1日30カプセル服用しなければなりません。また、毒素だけでなく服用した他の薬も吸着してしまうおそれがあるので、他の薬を服用してから30分以上時間を開けて服用します。

活性型ビタミンD

活性型ビタミンD製剤で、骨がもろくなるのを防ぎます。腎不全になると活性型ビタミンDの生成能力が低下し、カルシウムが吸着されなくなります。しかし、多く服用するとカルシウムが過剰に吸収され、「高カルシウム血症」を招くので注意が必要です。

リン吸着薬

腎臓機能が低下すると、リンの排泄力も低下し「高リン血症」になります。一般的に、炭酸カルシウムが用いられますが、食中、または食後すぐに服用しないと効果がありません。

カリウム吸着薬

腎臓機能の低下により、カリウムが排出できず「高カリウム血症」を起こします。手足のしびれや不整脈による突然死の原因になることから、腸の中でカリウムを吸着し体外へ排出させます。

エリスロポエチン製剤

腎臓はエリスロポエチン(造血ホルモン)を生成しています。このエリスロポエチンが欠乏すると、赤血球の生産が低下するため貧血を起こします。エリスロポエチン製剤は注射薬で1~2週間ごとに注射します。

重炭酸ナトリウム

腎臓の機能が低下すると、アルカリ性を保つ重炭酸濃度が低下します。すると、体が酸性に傾き「アシドーシス」という状態になります。この状態に陥ると骨がもろくなり、栄養状態も悪化するなど体に様々な影響が出てきます。そのため、アルカリ化剤として重曹を1日に1~3g服用します。

ステロイド・免疫抑制剤

慢性糸球体腎炎で腎不全となった患者や、ネフローゼ症候群を合併している場合は無効です。腎不全は免疫機能が低下しやすいので、薬の影響でさらに抵抗力が落ちないよう注意が必要です。

腎障害の原因を治療する薬

ステロイド・免疫抑制剤

腎炎やネフローゼ症候群などのケースでは、ステロイドの投与から検討していくことになります。

ただし、ステロイド抵抗性ネフローゼ症候群では十分な効果が期待できません。

ステロイドのみでは治療できないものや、ステロイドが使えないケースでは免疫抑制薬を用いることも多いです。また、腎不全になると免疫機能が落ちてしまうので、これらの薬を使うことによって更に抵抗力が落ちないように気をつける必要があります。

免疫抑制薬

体内で過剰な免疫反応が起こっている場合にそれを抑えるのが免疫抑制薬です。免疫抑制剤のみで治療をすることもあります。

単独で使われることもありますし、他の薬と一緒に使用されることもあり、ステロイドを中止したり、量を減らす際にも免疫抑制薬が選ばれることが多いです。

長期服用も可能となっていますが、一般的には効果が出るまでに1~2ヶ月かかります。また、取り入れる際には決められた時間に指定の量をしっかりと飲み続ける必要がるので注意しておきましょう。

これにより、体内を適切な免疫状態に保つことができるのです。

副腎皮質ステロイド薬

免疫機能を抑制する働きを持った薬です。副腎皮質で作られるステロイドホルモンであり、糖質コルチコイド・鉱質コルチコイド・C19ステロイドといったものがあります。

副作用としては汗腺症のほか、消化器系の潰瘍や副腎不全などに繋がることがあるので、しっかりと医師の説明を確認した上で正しく取り入れていかなければなりません。

危険因子のコントロールをする治療薬

降圧薬

腎臓の機能を保護する役割があるアンジオテンシン受容体拮抗薬とアンジオテンシン変換酵素阻害薬は、大変優れた効果を持っています。

腎臓の機能が低下した場合にはうまくナトリウムを排出することができなくなり、血圧が上昇しやすくなるのですが、高血圧になると腎臓病の進行が大幅に早まってしまうなど悪影響をもたらしてしまうこともあり、非常に重要な薬だと言えるでしょう。

もちろん、薬以外に生活習慣を改善させて高血圧を防ぐといった努力も大切なのですが、降圧薬はそういった努力をサポートしてくれる存在です。

高尿酸血症治療薬

高尿酸血症は痛風を引き起こす原因として有名なのですが、他にも様々な生活習慣病と関わっているほか、腎機能障害の危険因子であることが明らかになりました。

尿酸値が軽度に高い場合と軽度に低い場合の両方で腎血流量が低下するため、コントロールは慎重に行っていかなければなりません。

高尿酸血症治療薬では、理想的な数値に尿酸値を導いていくために欠かせない役割を果たします。

腎臓の働きを補佐する薬

カリウム吸着薬

腎臓機能が低下すると、体内では塩分であるカリウムをうまく排出することができなくなり、「高カリウム血症」を起こします。

高カリウム血症になった場合には手足のしびれのほか、不整脈を原因とする突然死の原因にもなるため、カリウム吸着薬で体内に排出しなければなりません。

カリウム吸着薬は大腸の中でカリウムと結合し、便とともに体内に排出させる役割を持っています。腎臓病になると、体内のカルシウム濃度を調整するのが難しくなってしまうため、このように、様々な薬を用いて調整していくことになるのです。

重炭酸ナトリウム

通常は、人間の体は弱アルカリの状態です。しかし、腎臓機能が低下することにより体内ではアルカリ性を保つ重炭酸濃度が低下し、体は酸性に傾きます。

すると骨がもろくなったり、栄養状態が悪化する「アシドーシス」という状態になってしまうのです。

そこで、身体をアルカリ性に傾けるために使われるのが重炭酸ナトリウムとなります。この薬を用いることにより、血液の酸性化を防ぐ効果も期待できるのです。

エリスロポエチン製剤

腎臓はタンパク質からなる造血ホルモンでもあるエリスロポエチンを生成しています。しかし、腎臓の働きが不十分になりエリスロポエチンが欠乏してしまった場合には赤血球の生産が低下し、腎性貧血とも呼ばれる貧血を引き起こしてしまうことがあるのです。

ただし、内服で取り入れると消化・分解されてしまうため、注射を用いて直接体内に取り入れていくことになります。

クレメジン

特殊な活性炭を用いた薬で、腸の中で物質を吸着する働きを持っています。腎臓の働きが低下してしまうと尿毒症毒素と呼ばれるものが身体の中で蓄積してしまうのですが、それを取り除いて体外に排出するのを助けてくれるのです。

カプセルと細粒の2種類があるのですが、カプセルは一日30カプセルも服用しなければなりません。副作用としては便秘や食欲不振、吐き気などが挙げられます。

活性型ビタミンD

腎不全になると体内でうまく活性型ビタミンDを作ることができなくなってしまい、カルシウムの吸収率が低下します。

すると骨がもろくなってしまうので、活性型ビタミンDを取り入れていく必要があるのです。

ただ、活性型ビタミンDを取りすぎた場合には必要以上にカルシウムを吸収してしまい、高カルシウム血症になってしまう恐れがあるので注意が必要です。

高カルシウム血症になった場合には更に腎機能が低下してしまう恐れもあります。

リン吸着薬

リンはミネラルの一種なのですが、腎臓機能が低下してうまく排出できなくなってしまう高リン血症の状態になるとカルシウムと結合し、血管石灰化が起きてしまいます。

これは心不全などにも繋がる大変危険なものなので、リン吸着薬を用いて体外に排出しなければなりません。

ただし、他に用いる薬との相性についても注意が必要で、例えば組み合わせる薬の種類によっては高カルシウム血症のリスクが高まってしまうものもあるので、信頼できる医師のもとできちんと指導を守りながら治療を行なっていきましょう。

利尿薬

慢性的な腎臓病になると体内に溜まったナトリウムをうまく排出できなくなります。そのため、塩分の摂取量を抑えることが大切なのですが、利尿薬を用いることにより、水分のほか、ナトリウムを尿として排出するのをサポートすることができるのです。

腎臓病になるとナトリウムの排出が十分に行なえないためにむくみや高血圧といった症状が起きてしまうことがありますが、利尿薬はこれらの症状を緩和させるのに非常に有効だといえるでしょう。

あわせて読みたい慢性腎臓病の基礎知識
腎臓によい成分とは?

腎臓への負担を軽減させる成分を意識的に摂り、腎臓を長持ちさせる工夫ができるよう、心がけていきましょう。

詳しく見る

慢性腎臓病が進行すると?

腎臓は人体の中で重要な役割を果たしており、腎機能が弱まることで様々な合併症を引き起こすことがあります。

詳しく見る

知っておこう慢性腎臓病と高血圧の関係

慢性腎臓病と高血圧は、とても密接な関係にあります。血液をサラサラにすることは、予防・改善につながります。

詳しく見る