知って欲しい、慢性腎臓病(CKD)の原因・症状・予防方法

よくわかる慢性腎臓病(CKD)ガイド 予防・早期発見・合併症防止のためにできること
よくわかる慢性腎臓病(CKD)ガイド » 原因は?症状は?慢性腎臓病を知る » その7 慢性腎臓病のステージ

その7 慢性腎臓病のステージ

慢性腎臓病の病期(ステージ)について。進行によって決まるステージ1~5まで、どのような特徴と治療法があるのかを紹介します。慢性腎臓病の病期(ステージ)について。進行によって決まるステージ1~5まで、どのような特徴と治療法があるのかを紹介します。

慢性腎臓病の病期(ステージ)を進行順に解説

慢性腎臓病は気づかないうちに進行してしまうため、気づいた時点で進行を抑え、脳・心血管疾患や末期腎不全を防ぐ治療を行います。末期腎不全では腎臓機能が失われるため、腎臓機能を代行する治療が必要となります。進行して高血圧症が悪化すると、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞、脳出血など命の危険がある病気が発症しやすくなります。早い病期(ステージ)のうちに発見をして治療をすることが大切です。

ステージ別の慢性腎臓病の特徴

ステージ1・2の症状
「腎臓障害はあるものの働きは正常~軽度の機能低下」のため、自覚症状がほとんどない段階です。多くは健康診断で発見されます。治療法 危険因子を減らす健康管理が基本です。エネルギー制限や塩分(食塩)制限、たんぱく質制限を行います。食事療法だけでは改善が難しい場合は、血圧管理の薬や脂質管理の薬など、薬物療法も行われます。

ステージ3の症状
腎臓機能が健康な時の半分近くまで低下している状態で、専門医による本格的な治療が必要となります。自覚症状としてむくみや疲れ、尿異常などが現れます。治療法 ステージ1・2の治療と同様に、エネルギーや塩分、たんぱく質の制限を行いますが、さらにカリウムの制限が加わります。ステージ3になるとカリウムを排出しにくくなり、血液中のカリウム濃度が高くなってしまうからです。食事ではカリウムを多く含む食品を取るようにします。

ステージ4の症状
腎臓機能が健康な時の30%以下まで低下している常置です。むくみや疲れのほか、高血圧や貧血といった症状も現れます。機能は回復させることができない錠です。治療法 治療は現状維持をして透析治療開始を遅らせることを目的とします。生活習慣の改善や薬物治療、厳格な食事療法などを行います。尿毒症や脳・心血管疾患、高血圧などにも気を付けます。

ステージ5の症状
腎臓機能が極度に低下している状態です。ほとんど機能しない状態を「末期腎不全」と呼び、腎代替療法が必要になります。治療法 腎代替療法を行います。腎代替療法には「透析療法」と「腎移植」があります。透析療法は人工腎臓を利用する「血液透析」と、自分の腹膜を利用する「腹膜透析」があります。腎移植は家族などから腎臓提供を受ける「生体腎移植」と亡くなった人から提供を受ける「献腎移植」があります。

※こちらの記事も読まれています※

慢性腎臓病のカギは「血圧」にあった!

あわせて読みたい慢性腎臓病の基礎知識
腎臓によい成分とは?

腎臓への負担を軽減させる成分を意識的に摂り、腎臓を長持ちさせる工夫ができるよう、心がけていきましょう。

詳しく見る

慢性腎臓病が進行すると?

腎臓は人体の中で重要な役割を果たしており、腎機能が弱まることで様々な合併症を引き起こすことがあります。

詳しく見る

知っておこう慢性腎臓病と高血圧の関係

慢性腎臓病と高血圧は、とても密接な関係にあります。血液をサラサラにすることは、予防・改善につながります。

詳しく見る