知って欲しい、慢性腎臓病(CKD)の原因・症状・予防方法

よくわかる慢性腎臓病(CKD)ガイド 予防・早期発見・合併症防止のためにできること
よくわかる慢性腎臓病(CKD)ガイド » 原因は?症状は?慢性腎臓病を知る » その1 原因となる生活習慣

その1 原因となる生活習慣

慢性腎臓病を防ぐためには、日々の生活習慣の見直しをしましょう。慢性腎臓病と関係のある生活習慣を調べました。

慢性腎臓病の予防…まずは生活習慣の見直しを!

慢性腎臓病の発症や進行を抑えるためには、まず生活習慣の見直しから始めましょう。慢性腎臓病と関係する生活習慣について調べたので紹介します。当てはまる生活習慣はないか、チェックしてください。

慢性腎臓病の原因となる生活習慣

  1. 飲酒
    少量から中量のアルコール摂取は尿蛋白を減らし、中量以上のアルコール摂取は蛋白尿を発症させると言われています。適度な飲酒は良いのですが、過度な飲酒は慢性腎臓病や他の疾患を引き起こす可能性があります。お酒を飲むときは適量を心がけましょう。
  2. 喫煙
    喫煙が慢性腎臓病の発症や進行の一因になっていると言われています。禁煙をすることで慢性腎臓病の発症や進行を抑えられるほか、心血管病など他の疾患を予防することにもつながります。
  3. 不起訴な生活
    仕事のストレスや残業などの過労、十分な睡眠時間が取れないなど、不規則な生活ばかりしていると慢性腎臓病のリスクが高まります。できる限り睡眠や休息は十分に取り、健康的な毎日を送ってみましょう。
  4. 運動不足
    適切な体重を維持していないと、慢性腎臓病だけなく、糖尿病や高血圧などの発症可能性が高まります。自分の体力や体調を知ったうえで、適度な運動を毎日の生活に取り入れるようにしましょう。実際の運動量については担当の医師に相談をして、運動能力や活動性など評価してもらったうえで取り入れましょう。
  5. 暴飲暴食
    慢性腎臓病の方は毎日の食事について、バランス良く適量を食べることが大切です。暴飲暴食をすると過度なエネルギー摂取となり、栄養バランスの崩れた食事を摂ることになります。また、暴飲暴食により腎臓の機能が低下していくにつれ、食事管理は厳しくなってきます。糖尿病もある場合、血糖管理でエネルギー制限が加わることも。医師や栄養士の指導のもとで食事内容を決めましょう。
あわせて読みたい慢性腎臓病の基礎知識
腎臓によい成分とは?

腎臓への負担を軽減させる成分を意識的に摂り、腎臓を長持ちさせる工夫ができるよう、心がけていきましょう。

詳しく見る

慢性腎臓病が進行すると?

腎臓は人体の中で重要な役割を果たしており、腎機能が弱まることで様々な合併症を引き起こすことがあります。

詳しく見る

知っておこう慢性腎臓病と高血圧の関係

慢性腎臓病と高血圧は、とても密接な関係にあります。血液をサラサラにすることは、予防・改善につながります。

詳しく見る