知って欲しい、慢性腎臓病(CKD)の原因・症状・予防方法

よくわかる慢性腎臓病(CKD)ガイド 予防・早期発見・合併症防止のためにできること
よくわかる慢性腎臓病(CKD)ガイド » 知っておこう慢性腎臓病と高血圧の関係 » 改善のカギは血圧コントロール

改善のカギは血圧コントロール

血圧や血糖値をコントロールできる成分として注目を集める「酵素」ですが、その酵素成分を非加熱製法で、より吸収を高めたのが「毒だし酵素」です。ここでは、毒だし酵素の特徴やエビデンスを紹介していきます。

酵素は「血液サラサラ」の救世主

酵素は人間にとって「命の源」とも呼べる大切な成分です。食べた物の消化や新陳代謝、そして血液の循環など、体の生命維持活動に欠かせない役割を担っています。
そして何より注目されている効果が、人体に有害なアンモニアやアルコールを分解し解毒する作用。酵素を摂り込むことで体の中に増加した消化酵素が、ドロドロの血液をサラサラの状態にしてくれます。
血液の循環が保たれれば、体内に溜まった老廃物が排出されるようになり、高血圧に効果を発揮します。また、酵素にはヘモグロビンA1cを下げる効果もあるので、高血糖に悩む人にも最適です。特に、腎臓機能の低下や高血圧に不安を抱えている人は、酵素のチカラで健康をサポートすることをおすすめします。

酵素のチカラを最大限に発揮させた「毒だし酵素」

そんな酵素にも弱点があり、実は熱に弱いという性質があるため、50℃以上の熱を加えると破壊されてしまいます。こうした酵素の弱点を考慮し、非加熱・非加圧で生成された「毒だし酵素」は、酵素本来の力を最大限に発揮させた植物酵素といえます。

酵素活性力=酵素のパワーが43.8倍!

酵素と一口に言っても、厳密にはいくつかの酵素群に分かれています。その中でも主だった酵素である「アミラーゼ」「プロテアーゼ」「リパーゼ」の酵素活性力を比較したところ、通常の酵素に比べて毒だし酵素は、実に43.8倍もの酵素活性力があることがわかりました。
この調査結果も鈴鹿医療科学大学での分析実験の結果であり、第三者機関による信頼できるエビデンスになります。

血液サラサラに必要なアミノ酸が157倍!

酵素はタンパク質からできていますが、そのタンパク質を作っているのが人間の体に存在する20種類ものアミノ酸です。中でもタンパク質の構成成分として欠かせない遊離アミノ酸が、毒だし酵素には通常の酵素に比べ実に157倍も含まれているのです。
遊離アミノ酸は血液に乗って体をめぐることで、毒物を分解し様々な健康効果を発揮してくれます。これにより血液の流れをサラサラにし、毒素を排出することが可能になるのです。

抗糖尿病の臨床結果もあり

実際に毒だし酵素を使用した臨床結果として、糖尿病患者さんに毒だし酵素を3か月間摂取してもらったレポートが、医学専門誌『東方医学』に掲載されました。
その結果、摂取者の血糖値が約21.1%、ヘモグロビンAlc値が約8.6%も減少したとのこと。また、患者さんの94%は何らかの体調の改善が見られたと回答しています。
糖尿病腎症をはじめ、糖尿病と慢性腎臓病は互いに原因疾患となる密接な関係にあり、それぞれ血圧コントロールが重要となる疾患です。こうした具体的な臨床結果が報告されているのも、「毒だし酵素」が信頼できるポイントといえます。

毒だし酵素について詳しく知りたい方はこちらで検索!

「毒だし酵素」を
googleで検索する

あわせて読みたい慢性腎臓病の基礎知識
腎臓によい成分とは?

腎臓への負担を軽減させる成分を意識的に摂り、腎臓を長持ちさせる工夫ができるよう、心がけていきましょう。

詳しく見る

慢性腎臓病が進行すると?

腎臓は人体の中で重要な役割を果たしており、腎機能が弱まることで様々な合併症を引き起こすことがあります。

詳しく見る

知っておこう慢性腎臓病と高血圧の関係

慢性腎臓病と高血圧は、とても密接な関係にあります。血液をサラサラにすることは、予防・改善につながります。

詳しく見る