知って欲しい、慢性腎臓病(CKD)の原因・症状・予防方法

よくわかる慢性腎臓病(CKD)ガイド 予防・早期発見・合併症防止のためにできること
よくわかる慢性腎臓病(CKD)ガイド » 慢性腎臓病との付き合い方~食事内容の改善~ » 控えたい食事

控えたい食事

自覚症状が少なく病状が進行してから気づく人もいる慢性腎臓病は、タンパク質や塩分、カリウムなどを控えながらエネルギーを摂取していくことが不可欠です。ここでは、腎臓に悪い食べ物や控えたい食事を説明していきます。

腎臓に悪い食事とは?注意すべき栄養素

タンパク質コントロールの必要性と注意点

タンパク質は体の中でアミノ酸となり、体を構成する重要な栄養素です。しかし、過剰に摂取するとタンパク質は尿素窒素などの老廃物として腎臓から排出されるのです。ところが、腎臓の機能が低下すると血液中に老廃物が蓄積し、さらに腎臓に負担をかけます。
このような悪循環を防ぐために、タンパク質を制限する必要があるのです。精白米や大豆などの植物性タンパク質は、アミノ酸の配分が悪く控えた方がよい食品と言えます。タンパク質の含有量を通常の10分の1に抑えた、ご飯・パン・麺類などの特殊食品を食事に活用すると良いでしょう。

塩分コントロールの必要性と注意点

腎臓の機能が低下すると、ナトリウムを排出する機能も落ちてしまいます。そのため、塩分制限をしないと血圧が上昇し、体はむくみ、さらに腎臓に負担をかけてしまうことになるのです。
高血圧やステージが進んでいる慢性腎臓病の人は特に塩分制限が重要です。1日あたりの塩分の目安量は3~6gですが、病状により個人差があるので気を付けましょう。肉や魚などの加工食品は塩分が多く使用されているので控えるのが賢明です。調味料は減塩しょうゆを使用し、お酢やレモンなどの酸味を生かして減塩料理を楽しみましょう。

カロリーコントロールの必要性と注意点

糖質・脂質などの必要なエネルギーが不足すると、エネルギーを作るためにタンパク質が分解され、老廃物が増えてしまいます。すると、尿素窒素などの老廃物が腎臓へ負担をかけてしまうのです。
腎臓病の食事制限で陥りやすいエネルギー不足を補うのは、タンパク質が含まれていない砂糖やサラダ油、マヨネーズなどの高エネルギー食品です。お菓子でカロリーを補う場合は、穀類や小豆、牛乳、卵などのタンパク質を含むものは控えましょう。

カリウムコントロールの必要性と注意点

腎臓の機能が低下するとカリウムの排出も減少し、「高カリウム血症」に陥ります。高カリウム血症とは電解質代謝異常症のひとつで、血液中のカリウム濃度が高くなり、不整脈や頻脈、手足のしびれ、筋力の低下などを引き起こすのです。
慢性腎臓病の人は、カリウムを多く含む生野菜・果物・豆類・イモ類の摂取を控える必要があります。カリウムは水やお湯に溶けやすい性質を持っているので、野菜は細かく切って茹でこぼし、流水にさらして成分を減らすなど調理法を工夫するのがポイントです。

水分コントロールの必要性と注意点

腎機能が低下すると、体内にたまった水分を排出できなくなってしまいます。そのため、体内に水分が貯留してしまい、体重が増加し、血圧が上昇してしまいます。ひどくなると、心不全や肺水腫、呼吸困難といった命に関わる状態にもなってしまいます。
そのため、腎臓病の患者さんは水分制限をする必要があるのです。飲み水やお茶などの飲料が多くならないように気をつけたり、水分の多い料理を控えるようにする工夫が必要となります。

リンコントロールの必要性と注意点

腎臓の機能が低下すると、体内の余分なリンを排出できなくなり、高リン血症になってしまいます。
リンは、体内ではカルシウムに次いで多く存在するミネラルで、細胞のエネルギーの代謝や骨の形成に関わっています。このリンが体内で増加して起こるのが、二次性副甲状腺機能亢進症です。
たくさんある腎臓の機能のひとつに「活性型ビタミンD」の産生があり、これによって人の骨は丈夫に保たれています。腎機能が低下すると、活性型ビタミンDが減って腸からカルシウムを吸収できなくなり、血中のカルシウム濃度が低下してしまいます。
この状態が長く続くと、甲状腺の裏にある小さな臓器である副甲状腺から副甲状腺ホルモン(PTH)が多量に分泌されるようになるのです。その結果、骨からカルシウムとリンが溶かし出されるようになり、骨の密度が低くなって骨折しやすくなってしまうのです。
また、血管や関節、皮膚の下などに石灰化(カルシウムとリンが骨でない場所に沈着する現象)が起こり、心筋梗塞や脳梗塞、皮膚のかゆみ、関節の可動域の低下などを引き起こす可能性もあります。
リンはタンパク質を多く含んだ食品やインスタント食品などに含まれており、これらの摂取を控えることが大切です。

腎臓に悪い食べ物

腎臓病の場合、上記で説明したようにタンパク質・塩分・カロリー・カリウム・リンのコントロールが重要となります。これらをコントロールするためには、以下のような食品は避けるように気をつけましょう。

タンパク質

肉や卵、魚などのタンパク質は、分解されて尿素窒素になり排出が難しくなるほか、二次性副甲状腺機能亢進症の原因となるリンも多く含んでいます。腎臓病の方が多く摂りすぎることはよくありませんが、体に必要な栄養も多く含まれていますので、必要な量はきちんと摂取する必要があります。
適切なタンパク質の量は、腎臓病の病態によって異なります。かかりつけの医師や栄養士に確認し、必要な量を摂取するようにしましょう。

タンパク質が多く含まれている食材

豚肉のゼラチン

世間のイメージ的にタンパク質の多い食材といえば鶏肉というイメージがありますが、豚肉の方が豊富にタンパク質を含んでいるんです。

豚肉はビタミンB1が豊富に含まれているため、身体の疲労回復にはうってつけの食材です。しかしビタミンB1が含まれているのは主に赤身の部分であり、その証拠に一番ビタミンB1が豊富に含まれている部位はヒレ肉なのです。赤み以外の部位はゼラチンの割合が多く、ゼラチンといえば成分タンパク質です。そのタンパク質を多く含んでしまっているのが、トロトロとした脂身やホルモンとして食される内臓なのです。タンパク質が一番多ゼラチン状のものだけを集めて抽出したものは、文部科学省が公表している成分表を調べてみると100gあたり87.6g。食材を形成している約9割がタンパク質なのです。

またその部位を避け食しているつもりでも、スープやお鍋を食する時に出汁として溶け出してしまうので飲み干してしまうと、その成分を全て体内で吸収してしまうことになるので注意しましょう。ちなみにたんぱく質とは関係はありませんが、ゼラチンは脂質も高いのでカロリーを多く摂取することになり、腎臓病の要因の一つになりえます。

鶏卵の白身(乾燥)

卵は黄身と白身に分かれており黄身というのはタンパク質も摂取できますが脂質の割合も多く、対して白身というのは脂質が少なくタンパク質が多く含まれています。

よくダイエットをしている人や、スポーツをして体を鍛えている人は黄身を避け白身だけを食している光景を見ます。あれは余分な脂質を抑えながらも多くのタンパク質を一度に摂取するためなのです。そのことから卵の白身は避けておきたいところですが、文部科学省の公表している成分表で生卵の白身に含まれているタンパク質を調べてみると100gあたり10.5gとさほど多いというほどのものではありません。問題は乾燥させたものなのです。白身を乾燥させた乾燥卵白というものはどのような家庭にもあるものではありませんがケーキ作りなどで使われるもので、白身を乾燥させて粉状にしたものです。

主にケーキ作りの際のメレンゲを作るのに役立ち保存もできるのです。しかし一般的に馴染みがなくてもいつの間にか口にしている可能性があります。先ほども話しましたがケーキに使われるということは、お店で購入するケーキ・お菓子・パン類にこの乾燥卵白が含まれている恐れがあるのです。

どんな食品でもそうですが、食品を乾燥させてしまうと栄養素が凝縮してしまいます。現にこの乾燥卵白は100gあたり86.5gもタンパク質が含まれているのです。生の状態と比べても乾燥させただけで、約8倍も多いタンパク質が含まれているという結果になってしまいます。市販の製品を買うときは注意が必要です。

カゼイン(乳製品)

カゼインと言われてもどんなものか想像がつかないという人は多い気がします。カゼインとは乳製品に含まれるタンパク質の約8割を占めているタンパク質の種類になります。

プロテインの一種にも使われ、ソイプロテインというのは大豆からタンパク質を抽出したもので、ホエイプロテインとこのカゼインプロテインは牛乳からタンパク質を抽出したものになります。とくにカゼインはチーズやヨーグルトなどの加工製品を凝固する役割があり、水分に溶けにくい性質があります。そのことから体内でゆっくり浸透していくものになるので、体内に残りやすいタンパク質になります。

ということは摂取し過ぎてしまうといつまでも体内にタンパク質が残り、摂取過多になってしまいます。100gあたりに含まれるタンパク質の量は86.2g。上記2つのものと遜色がないほど量が多いので注意が必要です。

練り物、加工食品

かまぼこやちくわといった練り物、ハムやソーセージ、干物などの加工食品は塩分やリンが多く含まれています。これらの食品は避けるようにした方が良いでしょう。特に冬場に食べる機会の多いおでんは練り物が多く使われているので、注意が必要です。

塩分相当量が多い加工食品

粉末スープ

食卓の付け合わせや朝の忙しい時間に好んで食される粉末スープ。お湯を入れるだけで立派な一品となるので、ついつい使っている人も多いのではないでしょうか?

しかし便利で好んで使いがちなものですが、塩分相当量は非常に多いのです。よく粉末スープを飲んでいると、最後の方でダマになってしまっている粉の固まりがありますよね?あれを食べてしまったことはありませんか?相当味が濃く、食べられたものではありません。そのことからも一袋あたりに含まれている塩分量の多さが分かると思います。

文部科学省が発表している成分表では粉末状のコーンスープの100gあたりに含まれる塩分相当量は7.1gです。加工食品の中ではトップで、2番目に多い醤油に浸かっている松前漬けの5.2gを上回ります。便利なものなので飲むのをやめるのは難しくても、現在は減塩したものや量を半分にして飲むなど十分に対応は取れると思います。

野菜、果物

野菜や果物には、カリウムが多く含まれています。血中のカリウム濃度が上昇すると、不整脈を起こし、場合によっては心停止を起こし死に至ってしまうこともありますので、注意するようにしましょう。
野菜は1日200g程度を目安にしてください。カリウムは水に溶け出る性質がありますので、食べる際は茹でこぼしたり、水にさらしたりしてから食べると良いでしょう。茹でたからといってカリウムをすべて除去できるわけではありませんが、生で食べるよりは含有量を減らすことができます。
果物は、1日50g程度が目安となります。果物の中でもメロンやキウイ、バナナは特にカリウムが多く含まれていますので、これらはできるだけ避けるようにしましょう。

カリウムが多く含まれている食材

干しずいき

ずいきというものに馴染みがない人もいるかもしれませんが、ずいきとは里芋の茎から葉の変わり目の部分のこと。これを乾燥させると芋がらと呼ばれる干しずいきとなります。昔から乾燥させ保存食として食され、現在では高級食材として取り扱われています。100gあたりのカリウムの量は10g。他にもカリウムが多く含まれている干し大根やドライトマトなんかよりも、2倍以上の摂取量を誇ります。

漬物、佃煮

漬物や佃煮には、塩分が多く含まれています。できるだけ摂取は控えるようにしましょう。

松前漬け

松前漬けは昆布やスルメ、数の子と海の幸がふんだんに使われていながら、はじめとした調味料もふんだんに使い漬けてあるので塩分の固まりといってよいでしょう。塩分相当量は100gあたり5.2g。タンパク質も漬物の部類の中でも多いので注意が必要です。

味噌汁、鍋料理、麺料理

味噌汁や鍋、ラーメンなどの麺類は水分の過剰摂取につながるほか、スープや汁の塩分が高いので注意が必要です。スープや汁は残すようにしましょう。調理の際は具沢山にして、スープや汁の量が少なくなるようにすることもポイントです。

スープに塩分が多く含まれている食品

おでん

味噌汁や鍋、ラーメンなどはどれも塩分が多いですが、何気に注意しておきたいのが練り物・加工食品の項目でも話したおでん。加工食品自体の塩分も多いですが、お汁も塩分が高いのです。家庭でおでんを作るときに便利な顆粒だしは、100gあたりに56.1gものの塩分が含まれているので注意が必要です。顆粒だしを少なくすることや、自ら出汁を取るなどの対策を講じて塩分量を減らしましょう。

インスタント食品

インスタント食品は塩分やリンが多いので、できるだけ控えるようにしましょう。

控えた方が良い食品

カップラーメン

「カップラーメン=体に悪い」というイメージはみなさんにもすっかり根付いていることでしょうから、説明はあまりいらないと思います。上記でも話したように塩分やリンが多く含まれ、油で麺を揚げていることから脂質も多いのです。添加物も多めに使用されていますので極力避けたい食品です。

調味料

醤油や味噌、塩などを使いすぎると、塩分過多になってしまいます。調理の際は計量スプーンを使って、どのくらいの量を使っているか把握するようにしましょう。醤油やソースなどはかけて使うと使い過ぎてしまいがちなので、小皿にとってつけて食べるようにするのがおすすめです。

意外に塩分量が多い調味料

ドレッシング

野菜を食べるうえで欠かせないのがドレッシング。野菜の上に大量にかけて食べると美味しいですよね?しかし塩分量が多いのです。ドレッシングのこととして第一に気になるのが油分の多さ。ドレッシングは基本的に油に味をつけているものが多いので、こちらを気にしてしまいます。ところが現在、健康志向の波が押し寄せノンオイルタイプのドレッシングが増えています。そちらを選べば脂質対策はできるでしょう。

塩分量が二の次になっている

しかし塩分に関してはどうでしょうか?確かのスーパーを除くと減塩の製品もありますが、ノンオイルに比べてはまだまだです。「ドレッシング=塩分が多い」というイメージが多くの人にないのです。一番スタンダートな和風ドレッシングの平均的な塩分量は100gあたり0.5〜1.0あるかないかくらいです。

健康のために野菜を食べているという人も、大量にかけてしまったら何の意味もありません。ノンオイルにプラスして減塩ということも常に頭においておきましょう。

調理・食事の際に気をつけたいポイント

塩分が少なくなるように工夫しよう

調理の際はできるだけ塩分が少なくなるよう、注意する必要があります。塩分だけで味をつけようとすると塩分過多になってしまいますので、素材のうまみなどをうまく活用しましょう。

香味野菜:ネギやしそ、にんにく、生姜、ミョウガ、セロリ、わさびなど
酸味のある食材:レモン、ゆず、すだち、酢など
香辛料:唐辛子、山椒、ごま、七味、カレー粉ほか各種スパイス類など

煮物などを作るときは、カツオでとった出汁を活用するのもおすすめです。炒め物や煮物は、少ない塩分で十分な味付けができるように、くず粉や片栗粉でとろみをつけてあんかけ風にするとよいでしょう。
料理に使う食材は新鮮なものを選んだ方が、余計な塩分を使わず美味しく食べることができます。

水分を制限するための工夫をしよう

腎臓病の方は水分を排出できなくなってくなるので、ステージに合わせて水分制限をしなくてはなりません。汁物や鍋物などの水分の多い料理はできるだけ控え、食べるときは水分は残すようにしましょう。
普段飲む水やお茶、コーヒー、ジュースなどの量にも気を配る必要があります。使うコップを小さくする、冷たい飲み物ではなく温かい飲み物にして少しずつ飲む、などの工夫をするようにしましょう。

エネルギーをとる工夫をしよう

カロリーのとり過ぎは腎臓の負担となってしまいますが、体力や栄養の維持のためにも、必要なエネルギーはきちんと摂取する必要があります。エネルギー源となる炭水化物(ご飯やパン、砂糖、油など)は減らし過ぎないようにする工夫が大切です。
1食でまとめ食いをする習慣があると、食べ過ぎてしまいます。3食にわけでバランスよく摂取するようにしましょう。
カロリー、栄養のバランスをよくするためには、偏った食材・調理法にならないようにする工夫も大切です。主食と副食をうまく組み合わせて、さまざまな食材をとるように工夫してみてください。
エネルギー量が不足する場合には、ドレッシングやマヨネーズ、オリーブオイルなどの油類を活用すると、簡単にエネルギーアップができるようになります。

良質のタンパク質を選ぼう

タンパク質はリンを多く含み、分解後の排出の際に腎臓に負担がかかる食材ではありますが、体に良い栄養を多く含んでいる食材でもあります。必要な量のタンパク質をとることは大切ですが、その際に選ぶ食材には注意しましょう。
タンパク質を選ぶときに参考となるのが、アミノ酸スコアです。タンパク質はアミノ酸を中心とした成分で作られています。アミノ酸にはいろいろな種類があり、その中でも体に必要なアミノ酸が必須アミノ酸です。
タンパク質を構成するアミノ酸のうち、必須アミノ酸の割合が高いものが、アミノ酸スコアが高い食材とされています。タンパク質の含まれた食材を選ぶときは、できるだけアミノ酸スコアの高いものを選ぶようにしましょう。

主なタンパク質の多い食材のアミノ酸スコアは、以下の通りです。

100:牛肉、卵、牛乳、鶏もも肉、豚ロース肉、秋刀魚、鮭、鯖
88:さつまいも
86:大豆
84:納豆
68:じゃがいも、さやいんげん、アスパラガス
65:そば、精白米飯

アミノ酸スコアが低い食材ばかりを選ぶと、栄養が不足してしまう可能性があります。動物性タンパク質も含め、バランスよくとるように心がけましょう。

・低リン、低カリウム食品を活用しよう
近年では、リンやカリウムの量が少なくなるよう工夫された食材が販売されています。低リン牛乳やタンパク質調整食品、低カリウムレタス・メロンなどがありますので、乳製品やタンパク質、野菜・果物などを食べたいときはこういった食材を活用することもおすすめです。

参考文献

各栄養素の摂取目安量はこちらでチェック

※こちらの記事も読まれています※

慢性腎臓病のカギは「血圧」にあった!

あわせて読みたい慢性腎臓病の基礎知識
腎臓によい成分とは?

腎臓への負担を軽減させる成分を意識的に摂り、腎臓を長持ちさせる工夫ができるよう、心がけていきましょう。

詳しく見る

慢性腎臓病が進行すると?

腎臓は人体の中で重要な役割を果たしており、腎機能が弱まることで様々な合併症を引き起こすことがあります。

詳しく見る

知っておこう慢性腎臓病と高血圧の関係

慢性腎臓病と高血圧は、とても密接な関係にあります。血液をサラサラにすることは、予防・改善につながります。

詳しく見る