知って欲しい、慢性腎臓病(CKD)の原因・症状・予防方法

よくわかる慢性腎臓病(CKD)ガイド 予防・早期発見・合併症防止のためにできること
よくわかる慢性腎臓病(CKD)ガイド » 慢性腎臓病との付き合い方~食事内容の改善~ » 食事制限時のポイント

食事制限時のポイント

慢性腎臓病の人が食事制限を続けていく中で、気を付けなければならない点やポイントをまとめてみました。食事療法が正しく行えているか、チェックしてみましょう。

栄養素別・摂取制限の確認方法

たんぱく質、エネルギー(カロリー)制限の確認方法

摂取カロリーと摂取蛋白量のバランスを適正に保つことがポイントです。体重や血清尿素窒素とクレアチニンの比率、畜尿検査を行い、摂取蛋白量を測ることで腎臓の機能をチェックしていきます。

塩分制限の確認方法

体液量のチェックを行います。血清のナトリウム濃度は塩分の摂取が過剰になっていても正常範囲と出てしまうことが多く、判断基準になりません。実際に急な体重の増加がないか、血圧の上昇や浮腫みがないかなどを観察します。また、畜尿検査の塩分排出量から推定塩分摂取量を計算することも可能です。

カリウム制限の確認方法

血清カリウムの値が指標となります。慢性腎臓病患者の場合、値がK5.5以上であれば過剰にカリウムが摂取されていると考えます。血清カリウムの濃度が1 mEq/L上昇した時の体内の余分なカリウム量は200~300 mEqとされています。
1日に尿中に排出されるカリウム量を2,000mgと推定し、カリウム摂取量を1,500mgに制限しても、0.5gしか減らすことができません。もし10g溜まっていたとしたら、20日ほど血清カリウム濃度を下げるのに時間がかかります。

※こちらの記事も読まれています※

慢性腎臓病のカギは「血圧」にあった!

あわせて読みたい慢性腎臓病の基礎知識
腎臓によい成分とは?

腎臓への負担を軽減させる成分を意識的に摂り、腎臓を長持ちさせる工夫ができるよう、心がけていきましょう。

詳しく見る

慢性腎臓病が進行すると?

腎臓は人体の中で重要な役割を果たしており、腎機能が弱まることで様々な合併症を引き起こすことがあります。

詳しく見る

知っておこう慢性腎臓病と高血圧の関係

慢性腎臓病と高血圧は、とても密接な関係にあります。血液をサラサラにすることは、予防・改善につながります。

詳しく見る