知って欲しい、慢性腎臓病(CKD)の原因・症状・予防方法

よくわかる慢性腎臓病(CKD)ガイド 予防・早期発見・合併症防止のためにできること
よくわかる慢性腎臓病(CKD)ガイド » 慢性腎臓病との付き合い方~腎臓に良い成分を摂る~ » シトルリン

シトルリン

腎臓に良いと言われるシトルリンとはどんな成分なのでしょうか?ここでは、シトルリンの作用やサプリメントの選び方についてまとめました。

シトルリンの効果(尿素回路の改善)

シトルリンは「遊離アミノ酸」のひとつで、私たちの体に欠かせない重要な成分です。スイカやゴーヤなどの食品に含まれていますが、シトルリンの最大の効果は尿素回路を改善すること。
オルニチンとは兄弟のような関係で同様の作用を体にもたらしますが、尿素回路の中でオルニチンはシトルリンに変わり、シトルリンはアルギニンに変わり、そしてアルギニンはオルニチンに姿を変えます。この一連の流れが永遠に繰り返されるわけです。
そのため、オルニチンの代わりにシトルリンを摂取しても尿素回路の改善という同じ効果を得られます。尿素回路が活性化されることで、利尿作用を促し、腎臓の機能を回復させてくれるでしょう。その他、シトルリンには血流を改善する効果もあるので、動脈硬化の予防や血圧のコントロール、筋力増強などの作用も期待できます。

そもそもシトルリンとは?

私たちの体の中でNO(一酸化窒素)というガスが作られていることをご存知ですか?1998年の研究で、一酸化窒素は血管を広げ、体のすみずみまで酸素や栄養素を運ぶ役目があることがわかりました。そして、その一酸化窒素を作り出しているのがシトルリンです。

選び方のポイント

尿素回路の改善の他に血流改善の効果も期待できるシトルリンは、含有量の多いサプリメントで摂取するのがポイントです。1日の摂取目安量は800mgですから、相乗効果が期待できるアルギニンと併せて摂ると効果を実感できるでしょう。錠剤やカプセルなら飲む量も自分で調節できますし、ボトルタイプの方がコスパも良いのでおすすめです。シトルリンは過剰に摂取しても体から排出されてしまうので、適量を守って健康促進に役立てましょう。

シトルリンについてもっと詳しく知りたい方はこちらで検索!

「シトルリン」を
googleで検索する

あわせて読みたい慢性腎臓病の基礎知識
腎臓によい成分とは?

腎臓への負担を軽減させる成分を意識的に摂り、腎臓を長持ちさせる工夫ができるよう、心がけていきましょう。

詳しく見る

慢性腎臓病が進行すると?

腎臓は人体の中で重要な役割を果たしており、腎機能が弱まることで様々な合併症を引き起こすことがあります。

詳しく見る

知っておこう慢性腎臓病と高血圧の関係

慢性腎臓病と高血圧は、とても密接な関係にあります。血液をサラサラにすることは、予防・改善につながります。

詳しく見る