知って欲しい、慢性腎臓病(CKD)の原因・症状・予防方法

よくわかる慢性腎臓病(CKD)ガイド 予防・早期発見・合併症防止のためにできること
よくわかる慢性腎臓病(CKD)ガイド » 慢性腎臓病の治療を行っている病院 » 東邦大学医療センター大森病院

東邦大学医療センター大森病院

東邦大学医療センター大森病院
画像引用元:東邦大学医療センター大森病院公式HP
https://www.omori.med.toho-u.ac.jp/

このページでは、東京都大田区大森西にある特定機能病院、東邦大学医療センター大森病院の詳しい情報を紹介しています。クリニックと医師の特徴、基本情報も掲載していますので、当院の情報を知りたい方はチェックしてみましょう。

東邦大学医療センター大森病院の紹介

東邦大学医療センター大森病院の特徴や医師の紹介、基本情報などを調べてまとめました。

東邦大学医療センター大森病院の特徴

東邦大学医療センター大森病院ならではの特徴はとはどのようなものでしょうか。ここでは3つのポイントを取り上げて紹介します。

センター化の推進と診療科目の分かりやすい編成

初めて病院を受診する場合、診療科目が多すぎてどこを受診したらいいか分からないと思う人は少なくありません。東邦大学医療センター大森病院はそうした悩みに対応すべく、2003年から診療科のセンター化を進めています。

その結果、総合診療科が設置され、内科と外科が同じセンターで受診できるようになりました。

第三者機関による外部評価・認定も受けている

東邦大学医療センター大森病院は多くの患者さんからの評価を受けるだけでなく、第三者機関による外部評価や認定も受けています。

例えば、日本医療機能評価機構による一般病院2【3rdG Ver.1.1】の認定や、国際標準化機構によるISO 15189「臨床検査室-品質と能力に関する特定要求事項」の認定、NPO法人卒後臨床研修評価機構の認定も受けています。また院内には、医療安全に係る監査委員会も設置されています。

様々な質問や相談に対応できる総合相談部の設置

患者さんが抱える問題は治療や療養だけでなく、医療機器や設備、入院、費用のことなど多岐に渡りますが、東方大学医療センター大森病院では、いろいろな悩みを一括して同じ場所で相談できる「総合相談部」を設けています。

小さな悩みから難しい問題まで「総合相談部」に問い合わせれば、専従の職員が適切に対応してくれます。

東邦大学医療センター大森病院医師の特徴

ここでは、東方大学医療センター大森病院に所属する医師たちの特徴を紹介しています。クリニックの特徴と比較しながらチェックしてみてください。

高い知識と経験を持つ専門医が集結

東邦大学医療センター大森病院には、様々な職位と経歴、知識、技術を持つ専門医たちが集まっています。診療科目は多岐に渡りますが、それぞれの分野にエキスパートがいるので、患者さんは安心して治療を受けることができます。

また、現状に満足することなく継続して研究や訓練に取り組み続けていることも、この病院の医師たちの特徴です。

高い技術と真心を兼ね備える医師たち

東邦大学医療センター大森病院の医師たちは皆、病院の理念・基本方針に沿った医療を行っています。すなわち、常に安全で質の高い医療を実践し、医療人として倫理に基づいて先端医療を行い、患者に対していつも真心をもって臨むことです。

技術と精神性の両面で高い基準を自らに課し、努力と研鑽を続ける医師たちの取り組みは、病院全体の質向上にも寄与します。

東邦大学医療センター大森病院基礎情報

病院名 東邦大学医療センター大森病院
住所 東京都大田区大森西 6-11-1
アクセス JR蒲田駅からバス約4分、京浜急行線「梅屋敷駅」から徒歩約7分
診療時間 平日・午前9時~午後5時/土曜日・午前9時~午後2時
あわせて読みたい慢性腎臓病の基礎知識
腎臓によい成分とは?

腎臓への負担を軽減させる成分を意識的に摂り、腎臓を長持ちさせる工夫ができるよう、心がけていきましょう。

詳しく見る

慢性腎臓病が進行すると?

腎臓は人体の中で重要な役割を果たしており、腎機能が弱まることで様々な合併症を引き起こすことがあります。

詳しく見る

知っておこう慢性腎臓病と高血圧の関係

慢性腎臓病と高血圧は、とても密接な関係にあります。血液をサラサラにすることは、予防・改善につながります。

詳しく見る