知って欲しい、慢性腎臓病(CKD)の原因・症状・予防方法

よくわかる慢性腎臓病(CKD)ガイド 予防・早期発見・合併症防止のためにできること
よくわかる慢性腎臓病(CKD)ガイド » 慢性腎臓病が進行すると? » 合併症の併発 » 体液過剰・高カリウム血症

体液過剰・高カリウム血症

血液中のカリウム濃度が高くなる「高カリウム血症」について、症状や発症原因、治療方法などをまとめました。

高カリウム血症とは?

高カリウム血症とは血液中のカリウム濃度が5.5mEql以上の場合を指します。人間の体内のカリウムは、大部分が細胞内にあり、血液中など細胞の外に存在するのはわずかになります。この中と外のカリウム濃度は上手くバランスを取っており、このバランスが崩れてしまうと細胞が働きづらくなります。高カリウム血症は血液中(外)のカリウム濃度が高い状態であり、電解質代謝異常症のひとつになります。このような状態では細胞は活発に働けず、重い症状を引き起こしてしまいます。

高カリウム血症の症状

高カリウム血症になると、悪心や嘔吐といった胃腸症状や、知覚過敏、脱力感、痺れ感といった筋肉・神経症状が現れます。ほかにも不整脈、頻脈といった症状があることも。
軽度の高カリウム血症では症状はほとんどありません。ですがカリウム濃度が高くなると重篤な悪影響を及ぼすので注意が必要です。

高カリウム血症の原因

高カリウム血症は大きく分けて4つの原因が考えられます。

  1. 偽性高カリウム血症
    白血球や血小板の増加など、採血した検体の問題を指します。病気ではありません。
  2. 細胞内のカリウムが血液の中に移動
    アシドーシス(血液の酸性化)やインスリンの欠乏、β遮断薬の使用、ジギタリス中毒など
  3. カリウム負荷
    カリウムを大量に含んでいる薬の摂取や、火傷などの大きなけがで細胞が破壊された方
  4. 腎臓のカリウム排泄障害
    腎不全やアルドステロンの欠乏、薬の副作用などで腎臓からの排泄障害が現れている方

高カリウム血症の治療

高カリウム血症の治療は、まず血液中のカリウムを減らし濃度を下げていきます。食事でカリウム制限をしながら、イオン交換樹脂製剤でカリウムの吸収を抑えます。さらに利尿薬によって尿中への排泄も行います。
ほかにもグルコン酸カルシウムによって不整脈を予防したり、重層を用いて酸性に傾いた血液を中和したりします。

※こちらの記事も読まれています※

慢性腎臓病のカギは「血圧」にあった!

あわせて読みたい慢性腎臓病の基礎知識
腎臓によい成分とは?

腎臓への負担を軽減させる成分を意識的に摂り、腎臓を長持ちさせる工夫ができるよう、心がけていきましょう。

詳しく見る

慢性腎臓病が進行すると?

腎臓は人体の中で重要な役割を果たしており、腎機能が弱まることで様々な合併症を引き起こすことがあります。

詳しく見る

知っておこう慢性腎臓病と高血圧の関係

慢性腎臓病と高血圧は、とても密接な関係にあります。血液をサラサラにすることは、予防・改善につながります。

詳しく見る