知って欲しい、慢性腎臓病(CKD)の原因・症状・予防方法

よくわかる慢性腎臓病(CKD)ガイド 予防・早期発見・合併症防止のためにできること
よくわかる慢性腎臓病(CKD)ガイド » 慢性腎臓病が進行すると?

慢性腎臓病が進行すると?

慢性腎臓病が進行するとどのようなリスクがあるのでしょうか。合併症のこわさについてまとめました。

知っておきたい、慢性腎臓病と合併症の関係

気付かないうちに腎臓機能が低下してしまう慢性腎臓病では、病気(ステージ)が進むにつれて腎機能障害に伴う様々な合併症が現れ始めます。合併症の出現はひとりひとり時期が違いますが、腎機能障害は回復することが難しいため、どの合併症も発症する可能性があることを知っておきましょう。発症する可能性の高い合併症は次の通りです。

夜トイレに起きてしまう方は「尿濃縮力障害」、食欲がない方は「高窒素血症」など、それぞれ当てはまる症状を知っておきましょう。

慢性腎臓病がもたらす合併症の症状と原因を解説

慢性腎臓病が進行した際の「透析の必要性」

腎臓病の進行が進むと、最終的には人工透析が必要になってきます。人工透析は腎臓機能が低下した場合、体内に老廃物などの毒素が溜まってしまうため、それを人工的に強制排泄させることで生命を維持する治療法です。一般的なのは人工腎臓の機械を使って、血液を体外に取り出したあと、老廃物を取り除いて血液を体内に戻す「血液透析」です。
血液を循環させる方法なので、透析を始めたばかりだと吐き気や頭痛といった副作用も見られますが、腎臓病が進行しても人工透析のおかげで普段と変わらない生活を送ることも可能です。腎臓病と上手く付き合っていくためには、今後人工透析の力も借りていかなくてはいけない可能性も高いことを覚えておきましょう。

透析治療が必要な慢性腎臓病のステージとは

慢性腎臓病を完治させることはできる?

腎臓が徐々に衰えて機能が低下してしまう慢性腎臓病では、再生能力が弱いために一度失った機能を取り戻すことができません。つまり腎臓病は完治がほとんどできない病気だということです。では治療は何のために行うかというと、病気の進行を食い止めて腎機能を長持ちさせるため。残された機能を低下させず持続させるために、食事療法や薬物療法を取り入れます。

慢性腎臓病と付き合うために知っておきたいこと

あわせて読みたい慢性腎臓病の基礎知識
腎臓によい成分とは?

腎臓への負担を軽減させる成分を意識的に摂り、腎臓を長持ちさせる工夫ができるよう、心がけていきましょう。

詳しく見る

慢性腎臓病が進行すると?

腎臓は人体の中で重要な役割を果たしており、腎機能が弱まることで様々な合併症を引き起こすことがあります。

詳しく見る

知っておこう慢性腎臓病と高血圧の関係

慢性腎臓病と高血圧は、とても密接な関係にあります。血液をサラサラにすることは、予防・改善につながります。

詳しく見る